Menu

初診時の検査

Home

初診時の検査

初診時の検査

当院は基本的に全体的な治療を行うことを第一に考えています。
そのために来院の最初の訴えの応急処置後、基本的に二回に渡り検査とクリーニングをさせていただきます。
検査は下記の通りになります。(その状況に応じて必要な検査をピックアップして行います)
その後全体的な診断、治療の説明を行います。

検査を望まない患者さんにおいては、しっかりとした診断がつかないため満足する治療を提供出来ない場合があります。

検査

治療に入る前に1回検査の時間を取らせてもらいます。

姿勢測定検査

体の歪みにより噛み合わせも変わります。
姿勢の歪みが重度の人は体から治さないと噛み合わせが安定しなかったりします。
また噛み合わせが悪い事により体も悪くなります。
歯も体の一部でつながっているので、歯は体と関係ないわけありません。
体全体で診断していく必要があります。

カリエスリスク検査

虫歯菌検査です。虫歯菌の量を調べることにより、その後の虫歯のなりやすさが分かり、虫歯の予防対策をすることができます。大変大切な検査です。

歯科用CT

歯周検査

歯科用CTを撮影することにより、歯だけでなく顎関節・頸椎から頭蓋骨までの歪みまでレントゲンで得られなかった多くの情報が得られます。

レントゲン

レントゲン

全部の歯のレントゲンを撮影します。歯周病はそれぞれの歯により症状、病態が違うためです。大きなレントゲンでは細部まで見えにくいためフロンティア歯科クリニックでは小さいレントゲンで撮影させてもらいます。

口腔内写真

口腔内写真

現在のお口の中の状態を、写真に撮り記録します。日常では、ご自身のお口の中の裏側や側面を見ることが困難ですので、検査結果ご報告の際には、PCを通じて説明いたします。聞いたり、鏡で見てもよくわからないのが写真を見てもらったらよくわかると思います。

歯型模型

歯型模型

患者様の上下の歯型模型を採らせていただきます。これは歯周病だけでなく歯の治療にも必要なものです。模型を作ることで、より詳細な状態がわかり診断に大変役立ちます。

力の検査

力の検査

オクルーザーという器械を使って力の検査をします。歯周病だけでなく歯に非機能的な力が加わったら増悪します。歯の治療、そして歯周病の治療に大切なのは力をコントロールすることです。そのために力の診断をします。

歯周検査

歯周検査

歯周検査とは歯周病の症状を判定するものです。歯と歯茎の溝の深さ、出血、動揺など歯茎の症状の有無を調べます。

 

歯ブラシ