Menu

審美的な治療

Home

審美的な治療

審美的な治療

ずっと美しくきれいでありたいというのは誰しも持っている願いだと思います。
フロンティア歯科クリニックでは、お口の健康を通じてその手助けをしていきたいと考えております。

審美歯科とは特別な治療ではなく、基本的な治療の上にさらに自然に美しく治すため普通の治療に少し手を加える治療法です。

被せもので見た目と歯並びを変えようとする場合は咬み合わせの機能が失われます。
よって機能をしっかり回復させた上にあるので普通の治療ができたうえでのワンランク上の治療になります。

また、どんなに歯がきれいになっても歯茎が腫れていたら調和しないので、歯茎の治療(歯周病の治療)の大切になってきます。

>>白い詰め物(コンポジットレジン)
>>白い被せもの
>>黒ずんだ歯茎の漂白
>>歯茎の形を整える(歯周形成外科)
>>矯正で歯並びをきれいにする
>>ホワイトニング

などいろいろな方法があります。
フロンティア歯科クリニックでは、患者様と話し合いながら、個々の美を引き出せるよう上記の治療を組み合わせながら
治療計画を提案し、治療をおこなうよう心掛けています。

_
白い詰め物

樹脂(コンポジットレジン)を使って歯の形、色などを変えていきます。
削らなくてよいというメリットがあります。

下図:正中離開をCRにより審美障害を回復

白い被せもの

材料による比較
セラミック ハイブリッド レジン(保険の材料)
色調 ★★★ ★★☆ ★★
透明度 ★★★ ★★☆
変色しにくさ ★★★ ★★☆
すり減りにくさ ★★★ ★★
体へのやさしさ ★★★ ★★☆
白い歯の前にまず咬み合わせが大切
歯医者によって被せものの形態は違います。
技工士によっても技工料はさまざまです。高い技工物と安い技工物が同じ品質だと思いますか?

被せものは歯医者、技工士の知識と技術の結晶です。

白い歯の材質の話は聞いたことあると思いますが、銀歯・白い歯の形、咬み合わせについて説明を受けていますか?
白い材料の説明だけではないですか?

白い歯は色々ありますが、まず一番大切なのは白いということではなく、
歯の形、適切な咬み合わせということです。
いくら白くても機能がお口全体で営まれなかったら意味がありません。
銀歯、白い歯の形、咬み合わせの当て方は技工士により大きな差があります。

フロンティア歯科クリニックの技工物は当院技工士 田坂翔二 により作製されております。

e-max

今までの白い被せものは

<セラミック(メタルボンド、オールセラミック)>
歯よりもたわみがないため、被せものが割れる可能性がある
 
<ハイブリッド>
歯よりも柔らかくハイブリッドがすれてくる。またプラークがつきやすい。色が経年的に変色していく可能性がある。
歯と強度が極めて近いため歯にやさしく、歯と同じように削れて(咬耗)いきます。

<e-max>
e-maxは天然歯と強度・たわみが極めて近いため、歯が削れにくく、またe-maxも削れにくく今歯科材料の中で飛びぬけて良い材料です。
よって従来の材料より極めて歯にやさしく、審美性もセラミックのため極めて高いです。
またプラークがつきにくく、生体の親和性は抜群です。

また金属を使わないため金属アレルギーのある患者様、メタルフリーを望む患者様には最適な材料です。

フロンティア歯科クリニックは白い歯をe-maxへと移行しております
被せものを入れても歯や被せものが割れたり、ずれたりして咬み合わせが弱くなったら意味がありません。
よって永続性が高いe-maxに移行しています。
患者様のために良いと思われるものを軸として診療していくため、いくつかの材料は取りやめました。

メタルフリーにしてみませんか
クラウン

e-max
e-max e-max02

特徴

・歯と強度が極めて近いため歯にやさしく割れにくい
・陶材なので変色せず極めて自然な色調を再現できる
・金属を使用しないので歯肉が黒変せず本物の歯に近い透明感が再現できる
・金属を使用しないので身体への悪影響がない
・光を適度に透過するので、天然歯に最も近い色調を再現できる
・歯肉にやさしくレジン歯に比べ歯肉の退縮を引き起こしにくい
・プラーク(歯垢)が付着しにくい

欠点

・歯を削る量が比較的多い

オールセラミックス

e-max導入により現在しておりません。

メタルボンド
メタルボンド

特徴

・陶材なので変色せず自然な色調を再現できる
・強度に優れる

欠点

・割れやすい
・天然の歯より硬いため、周囲の歯や咬み合う歯を痛めることがある

ハイブリッド

経年的にすれてきて咬み合わせが変化するため(形態が崩れ、あたりが弱くなる)より機能的に耐久性のあるe-maxに移行しました。
よって現在はおこなっていません。

インレー

e-maxインレー
e-maxインレー

・陶材なので変色せず自然な色調を再現できる
・歯と強度が極めて近いため歯にやさしく、割れにくい
・光を適度に透過するので、天然歯に最も近い色調を再現できる
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない

e-max e-max02
ゴールドインレー
ゴールドインレー

・金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できる
・金属の中で最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい
・金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる

ファイバーポスト
ファイバーポスト

・グラスファイバーの弾性により歯への負担を大幅に軽減
・弾性を持ちながら高い破折強さを発揮
・メタルフリーによる高い審美性を実現

_
黒ずんだ歯茎の漂白

漂白前 漂白後
歯ぐきが黒ずんで見えるのはメラニン色素の沈着が原因で生じます。
フロンティア歯科クリニックではメラニン色素沈着の除去・歯茎の漂白を薬液法・レーザー法の2つの方法でおこなっております。 
歯ぐきが生まれつき黒くて気になる方や愛煙家の方にお勧めです。
_
歯茎の形を整える

歯茎のラインが不揃いな時は外科処置をすることにより歯茎のラインを合わせます。より審美的になります。
_
矯正で歯並びをきれいにする

矯正といっても、全体的にする矯正から部分的にする矯正まで様々です。部分的にする矯正であれば、長くて半年で終わるものがほとんどです。
フロンティア歯科クリニックでは矯正の専門医による治療をおこなっております。
歯茎の治療が大切
審美歯科で大切なことは歯茎との調和です。
どんなにきれいな被せものが入っても歯肉が腫れていたら審美的とは言えません。
よって歯茎の治療(歯周病の治療)がとても大切になってきます。
_

ホワイトニング

ホームホワイトニング
ウォーキングブリーチ


ホワイトニングには個人差があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング before ホームホワイトニング after
ホームホワイトニングは歯の型を取り、ホワイトニング用のマウスピースを作り、その中にホワイトニング剤を入れて、ご自宅で白くする方法です。
オフィスホワイトニングと比べてムラが出にくく、後戻りもしにくい特徴があります。
ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ before ウォーキングブリーチ after
虫歯の治療で神経を抜いてしまった歯は徐々に黒ずんできますが、その黒ずみを取ることができるのがウォーキングブリーチです。

歯の中にお薬を入れて1本だけホワイトニングをします。